Distribute the value      技術商社の、その先へ。

お知らせ

サイプレス、幅広い IoT デバイスのソーラーパワー駆動化を可能にする 新しい評価キットをリリース【サイプレス プレスリリース】

  •  
  • Cypress_Semiconductor

エナジー ハーベスティング PMIC を使ったバッテリーフリー システムの開発を実現する 使い易いプラットフォームを提供

サイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CY) は2017 年5 月22 日 (米国時間)、自社のエナジー ハーベスティング パワー マネージメント (PMIC) ファミリを評価するための新しいキットをリリースしました。新しい CYALKIT-E04 評価キットは、ソーラー パワー モジュール搭載の電池レスまたは電池駆動の延長が求められるシステムを開発するための使い易いプラットフォームを提供します。また、無線センサー ノードに使用されるさまざまなパワー マネージメント機能を評価することも可能です。このキットはさらに、モノのインターネット (IoT)アプリケーション向けにサイプレスの Bluetooth® Low Energy (BLE) 無線接続ソリューションと使用することも可能です。



本キットには、超低消費電力のエナジー ハーベスティング PMIC S6AE102A と S6AE103A を評価するための2 つの独立した基板と、磁気ドア センサーや環境光センサーの動作を分析するためのセンサー基板が含まれています。また、ソーラー モジュールやコイン電池、リファレンス回路図、部品表 (BOM)、設計を効率化するための基板レイアウトが含まれています。本評価キットの詳細は、japan.cypress.com/CYALKIT-E04 をご覧ください。

サイプレスのアナログ事業部長、長屋 清永は、「この評価キットは、サイプレスのエナジー ハーベスティング PMICファミリを使用して、バッテリーフリーのシステムを評価するための優れた開発オプションを提供します。エナジー ハーベスティングは、バッテリー交換のメンテナンスを行うことなく、複数のデバイスを設置し、動作させることが可能なモデルを実現します。太陽光はもちろん、屋内光などでも動作させることが可能で、これによりさまざまなアプリケーションの IoT 化を容易にし、また、BLE 無線接続を実現することでインテリジェンス性を高めることができるようになります」と述べています。


受賞歴のあるサイプレスのエナジー ハーベスティングPMIC について

サイプレスの PMIC は、環境光や振動、熱変動からエネルギーを効率的に収穫して2 つのソースから同時入力を行うことで、IoT アプリケーションに十分な電力を供給し、またはバッテリー寿命を延長し、信頼性および柔軟性の高い製品開発を可能にします。

サイプレス S6AE102A および S6AE103A エナジー ハーベスティング PMIC デバイスは、最も近い競合製品のわずか1/4 である1.2uW の起動電力と280nA の消費電流を実現しており、ターゲットとなるアプリケーションのセンシングや処理、通信機能に利用可能な電力を効率化します。


サイプレスとつながろう

・Twitter:@NipponCypress
・Facebook:CypressJapan


サイプレスについて

1982 年に設立したサイプレスは、世界で最も革新的な車載や産業機器、ホーム オートメーションおよび家電、民生機器および医療機器製品向けに、最先端の組み込みシステム ソリューションを提供するリーディング カンパニーです。サイプレスのプログラマブル システムオンチップや汎用マイコン、アナログIC、ワイヤレスおよび USB ベースのコネクティビティ ソリューション、高い信頼性と高性能を提供するメモリ製品は、差別化製品の開発と早期市場参入を支援します。サイプレスは、ベストクラスのサポートとエンジニアリング リソースをグローバルに提供し、世界各国のイノベーターおよび独創的なユーザーが、従来市場を破壊しまったく新しい製品カテゴリを歴史的なスピードで市場投入できるよう支援します。詳細はサイプレスのウェブサイト (japan.cypress.com) をご覧ください。




Cypress やCypress のロゴはサイプレス セミコンダクタ社の登録商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

Cypress Semiconductor TOPページ



資料請求・その他お困りの方

お問い合わせ

製品のご購入はこちら

Macnica-Mouser