Distribute the value      技術商社の、その先へ。

お知らせ

サイプレス、車載 MCU ポートフォリオをさらに拡張、 インスツルメント クラスターおよびボディー アプリケーション向けに セキュアな高速ネットワーキングを実現する新しい車載 MCU シリーズを発表

  •  
  • Cypress_Semiconductor

新しい 40nm 高性能 Traveo MCU は、CAN FD ネットワークや eSHE セキュリティ、高性能サウンドをサポートすると同時に従来型クラスター アプリケーション向けにグラフィックス機能を追加

サイプレス セミコンダクタ社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CY) は 2017年6月29日 (米国時間)、従来型インスツルメント クラスター アプリケーション向けにセキュアな高速ネットワーキングを実現する新しい Traveo™ 車載マイクロコントローラー (MCU) ファミリのサンプル出荷を開始したことを発表しました。この新しい MCU は、高速車載ネットワーキング用の CAN FD (Controller Area Network Flexible Data-rate) 規格をサポートしており、各 CAN ノード間での大量のデータ交換を可能にします。また、eSHE (enhanced Secure Hardware Extension) 搭載により、車載ネットワーク上のデータを保護し、電子制御ユニット (ECU) への不正接続を防止することが可能です。この MCU は、高度なシステム機能および高品質サウンド、グラフィックスを提供しながら最大 6個の従来型の機械式メーターを動作させることが可能で、市場をリードする Traveo ファミリの拡張性をさらに広げます。Traveo MCU の詳細は japan.cypress.com/traveo をご覧ください。



サイプレスの自動車事業本部シニア ヴァイス プレジデントである布施 武司は、「この最新 40nm MCU は、インスツルメント クラスターにおいて業界をリードする Traveo プラットフォームの拡張性をさらに広げ、大衆車向けのシンプルなディスプレイ用 MCU から高級車向けの先進的な 3D カラー グラフィックス用の MCU まで、幅広い選択肢を提供できるようになりました。これにより、従来型インスツルメント クラスター アプリケーションに、高速車載ネットワーキングの業界ニーズに対応する CAN FD や高度なセキュリティを提供する eSHE など、高性能で先進の機能をコスト的に効率よく実装できるようになります」と述べています。

新しい Traveo S6J336xx/S6J337xx シリーズは、サイプレスの 40nm eCT™ (embedded Charge Trap) フラッシュ技術を採用し、優れた性能と信頼性を実現しています。この MCU シリーズは、動作周波数 132MHz の強力な ARM® Cortex®-R5 コアをベースにしており、アプリケーション格納用に最大 2MB の大容量組み込みフラッシュを搭載しています。また、走行距離計などの基本的な LCD ディスプレイに使用可能な 4コモン × 32セグメントの LCD インターフェースを備えています。このインターフェースは、メーター ディスプレイの制御を簡素化するシーケンサーと共に、最大 480×240ピクセルの薄膜トランジスタ (TFT) ディスプレイもサポートしており、タイヤ空気圧や半ドアなどへの簡単な警告灯の表示に使用することができます。パーシャル ウェイクアップ モードにより、コアがスリープ状態にある際一部の機能だけを動作させ、必要な場合にのみ残りの機能をウェイクアップできるため、システム消費電力を極力低く抑えることが可能です。さらに、サウンド ミキサーを内蔵しており、外部ミキシング IC を使用する必要がありません。このシリーズには幅広い製品バリエーションが用意されており、派生ソリューションを容易に開発できます。

新しい Traveo MCU には、ボディー エレクトロニクス アプリケーション向けの S6J351Cx シリーズも用意されています。このシリーズもサイプレスの 40nm eCT フラッシュ技術を採用しており、動作周波数 132MHz の ARM Cortex-R5 コアと最大 2MB のアプリケーション格納用の大容量組み込みフラッシュを搭載しています。


サイプレスが実現する最先端車載システム

サイプレスは、世界トップクラスの自動車メーカー企業と協業し、高級モデルから大衆車までを対象に先進運転支援 システム (ADAS) や 3D グラフィック ディスプレイ、ワイヤレス接続、フル機能タッチスクリーン、卓越したボディー エ レクトロニクスなど、最先端車載システムの開発に取り組んでいます。サイプレスの車載ソリューションには、Traveo™ ファミリ MCU、電源管理 IC (PMIC)、PSoC® プログラマブル システムオンチップ ソリューション、CapSense® 静電容 量センシング ソリューション、TrueTouch® タッチスクリーン、NOR フラッシュ、F-RAM™ および SRAM メモリ、USB、 Wi-Fi® および Bluetooth® コネクティビティ ソリューションが含まれます。サイプレスはこれら車載ポートフォリオにおい てゼロディフェクトをコミットしており、優れたサービスを提供しながら、Automotive Electronics Council (AEC) や品質 管理システム ISO/TS 16949、Production Part Approval Process (PPAP) などの業界標準への要件を満たしています。
詳細は japan.cypress.com/automotive をご覧ください。


サイプレスとつながろう

・Twitter:@NipponCypress
・Facebook:CypressJapan


サイプレスについて

1982 年に設立したサイプレスは、世界で最も革新的な車載や産業機器、ホーム オートメーションおよび家電、民生機器および医療機器製品向けに、最先端の組み込みシステム ソリューションを提供するリーディング カンパニーです。サイプレスのプログラマブル システムオンチップや汎用マイコン、アナログIC、ワイヤレスおよび USB ベースのコネクティビティ ソリューション、高い信頼性と高性能を提供するメモリ製品は、差別化製品の開発と早期市場参入を支援します。サイプレスは、ベストクラスのサポートとエンジニアリング リソースをグローバルに提供し、世界各国のイノベーターおよび独創的なユーザーが、従来市場を破壊しまったく新しい製品カテゴリを歴史的なスピードで市場投入できるよう支援します。詳細はサイプレスのウェブサイト (japan.cypress.com) をご覧ください。




Cypress や Cypress のロゴ、PSoC および CapSense はサイプレス セミコンダクタ社の登録商標で、Traveo、eCT および F-RAM はサイプレス セミコンダクタ社の商標です。
その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

Cypress Semiconductor TOPページ



資料請求・その他お困りの方

お問い合わせ

製品のご購入はこちら

Macnica-Mouser